人気によって異なる需要

 看護師として働いている人口が足りていないというのは確かであり、だから職場に困ることはないという話までは嘘ではない。どこでもいいから働ければいいという場合には、確かに容易に職場を決めることはできる。しかし、自分が働きたい職場を自由に選んで働けるというわけではなく、望みの職場を選べずに残念な気持ちを抱いている人もいるのが現状だ。いくら人口が足りていないからといって、どの職場でも常に不足しているということはない。人気の高い職場の求人に応募が殺到するのは必然であり、この職場で働きたいと考えていても採用されないことは多いのである。

 競争があるのは人気の職場では避けられないことは念頭に置いて、看護師として働くのを選ぶ必要があるだろう。もし希望している職場があって、人気も高いという場合には同じように希望している人よりも秀でた能力を身につけなければならない。新卒の場合には基本マナーや看護に対する姿勢、現場の仕事に対する理解など背景的な能力が重要になる。

 転職で目指すのであればキャリアが最も重要であり、その職場に自分が入ることによって職場側が得られるメリットについて明確に示せることが欠かせない。競争率が高い職場ほどこのような準備が必要だ。人口が足りていないのはあくまで全体としての傾向であり、人気のある職場ではあふれかえっている。自分が希望している職場がどれだけ人気かを予め調べて、対策を立てることが肝要なのだ。