看護師の人口と転職事情

医療従事者の人口が少ないことは日本の医療問題の1つになっているが、看護師の人口が増えていかないこともその問題に含まれている。国家試験が毎年行われて多くの人が合格し資格を取得しているものの、人口が伸び悩んでいるのは離職する人も同様に多いからに他ならない。若くして退職し、専業主婦になるケースが後を絶たないのである。女性の担い手が多い職種だからこその状況ともいえるが、看護師として働くことを決めた人にとっては有利な状況が続いているとも考えられるだろう。

人口が少ないということはそれだけ需要が高いという意味であり、転職市場が開けているという魅力がある。看護師が不足していて忙しい状況になっている現場が多いのは確かだが、逆にいえばそのような状況で1人でも多くの看護師を獲得しようと求人を出している職場が多いということになるのだ。実際に常に求人は豊富にあるため、生活スタイルに合わせて自由に転職ができる状況になっている。

能力の高さや経験、人格などが吟味されることから、必ず採用されるわけではない。しかし、結婚や出産などの機会に転職してより生活スタイルに合った職場を探そうという決断がしやすくなっている。現場で働いている看護師の人口が増えない限りはこの状況が続くと想定されるため、当面は転職市場が広いという認識を持っていて差し支えないだろう。自由に職場を選んで働きたいと考えたら、看護師はうってつけなのである。