求人が増加している理由

看護師は終身の資格であるため、一度取得することができればよほどのことがない限りその特権を行使し続けることができる。毎年学校を卒業して国家試験に合格し、免許を取得する人は多い。そのため、着実に人口は増加している現状があるだろう。だが、その事実だけを知っていると職場探しに困ってしまうのではないかと懸念するかもしれない。

求人が多いという噂を聞いてこれから看護学校に通って免許を取得しようと考えた人が、卒業する頃には求人が乏しくなってしまうのを懸念するのももっともなことだろう。しかし、現実的には看護師の人口の増加を越える勢いで求人も増加しているのが現状である。高齢化が進行していることや、生活習慣病の患者が増えていることによる影響が大きい。医療を必要とする人が増えてきたことにより、それに十分に対応できる数の医療スタッフを揃えなければならない現場が増えているのである。

また、介護を必要とする高齢者の増加に対応する必要も生じているため、次々に介護施設が建てられてきた。しかし、そこで働く介護の担い手が大きく不足しているのである。介護の内容も刻々と多様化を進めていることから、需要は高まる一方になっているのだ。そのため、人口が増えてきているとはいっても看護師の求人が減ってしまうリスクはほとんどない。むしろ看護師が足りないということで、外国人看護師の受け入れを行ってる現場も出てきている。その現状は、【世界の看護師事情】で知ることができる。